photo by おさむ

photo by おさむ

photo by かぺ
12月31日(月)

天気 晴れのち曇り 水温 18℃ 透明度 20M

今年の
潜りおさめ・・なんとか、なんとか一本潜って来ました!ちょっと雪になりかけのような寒い寒い空模様の中、前浜に船が3隻・・・。思わずゲストの方が一言。
「物好きは私らだけとちゃうんやなぁ〜」
そうです。みんなアツイですよ!潜りおさめは・・・。
潜った海は、水温以外は・・・「
底抜〜けに」綺麗な綺麗な海で締めくくりました。写真のようにどこまでも見渡せる海、そして、私達人間の何倍はあるの?っていうくらいのウミガメ様との遭遇・・・、そして和名と英名が違いすぎる「クロメガネスズメダイ(プリンセスダムゼル・・・どんだけ〜)」・・・そして、今日の海の中で一番ビックリ!したのが、6年前までこのポイントにはピンクスクワットが居て、ずっとずっとそのスリバチカイメンを探していたのですが、なかなか見つからず・・・。でもそのスリバチカイメンが!出てきました!・・・ただ6年の歳月・・・そこには居なかったですが年を越して出てくることを・・・期待しましょう〜!!
今年も色んな出会いがありました!何年かぶりに出たオビトウカイスズメダイやテレラブレスや・・・。そして未記載の魚たちとの出会いもたくさんありました!温暖化の恩恵か??サンゴも元気になってきて、南の海にしか居ないハズの魚もたくさん出会えました・・。そしてなんと言っても6年ぶりに前の浜に潜れたことも本当に幸せでした・・・。
まぁ、そんな感じで2007年は前の浜で締めくくられた訳ですが・・・今年もホンマにお付き合いありがとうございました!
来年もこのアクアスをよろしゅうお頼み申し上げます!



photo by かぺ

photo by かぺ

photo by かぺ
12月30日(日)

天気 晴れのち曇り 水温 19℃ 透明度 20M

高知県では雪・・・。柏島でも一瞬雹が降りました・・。そんな中、なんと柏島で2DIVEしちゃいましたよ〜。
もちろん、28日に期間限定で解禁になったばかりの「
前の浜」です。リサーチしている間もなく、ほぼぶっつけ本番状態でのダイブでしたが、だんだんとエンジンがかかってきました!
最初は後浜とは違って魚も少ないし、サンゴやソフトコーラルも少ないし・・・なんてちょっとどうしよう・・なんて思っていましたが、そこはアクアス本気軍団!!ポコポコ色々出てきましたよ!
一番上の写真、後浜などでだいぶ探していたけど見つけられなかった「
トビギンポ」です。前浜の砂質なら・・・とまっちゃんが探し出してきました!!こいつの擬態はハンパではない・・・写真に撮るのも一苦労・・ですが、写真に撮ってみると目や模様が可愛いです。
可愛いと言えば久々の
イロカエルアンコウの赤ちゃんが!それも結構この前浜は岩に海草やなんかがついていて写真に撮るとバックがええ感じで映えます。
そして、やっぱり居るもんですね〜。ナマコを見たら、
ウミウシカクレエビのデカイのが付いてました。
だんだんエンジンがかかりつつある前浜ダイビング。明日も間違いなくココしか入れないことになりそうですが、海に入れる幸せに感謝したいと思います。




photo by 脳みそ大好き様

12月29日(土)

天気  水温 19℃ 透明度 15〜20M

嵐です・・・。とんでもない大荒れの天気となりました。柏島はクローズです・・・、っと言いたいところですが、そこはおとつい解禁された前の浜なら潜れるかも?ということでネタ探しがてらゲストの方と行ってまいりました。6年間クローズしていたため私は初めて潜ったこのポイント・・。水中の様子を覚えることに夢中で特に何かを見つけた・・・というわけではないのですが、はっきり言ってびっくりしました。何が??というと、その「ウミガメ」の多さにビックリです。なんと今日私は60分ほどの潜水時間中に10個体以上の(それもどれもめちゃくちゃでかい)
ウミガメと遭遇!ウミガメだけではなく、マダラトビエイに2個体も出会えました!ここは大物ポイント??って感じで新鮮そのものでした。肝心のマクロネタは、コレっていうものを見つけられませんでしたが写真上の「タルマワシ」、結構沢山居ました。これって写真に撮ると色んな色が入ってて面白くて可愛いですね。
さすがに昼からは海は断念!また川遊びに行って来ましたが、川もちょっと前と比べるともう水温が下がりに下がって11〜12℃!手も顔をガチガチです〜・・・。ここでもまたカメだらけ(
イシガメ)です〜。カメは縁起のよいハワイでは神様と言われている生物ですので、今年は良い感じで締めくくられそうです!今年もあと2日!海に潜れるかなぁ〜・・・。



photo by 脳みそ大好き様

photo by 脳みそ大好き様
12月28日(金)

天気  水温 19℃ 透明度 15〜20M

嵐の前の静けさ??今現在の柏島は(28日夜21:30時点)風一つ無く星空さえ出ています。これが明日の朝から豹変する・・・と言った予報になっているのですが、そんなこと、感じさせないくらいです。
今日も3DIVEきっちり行って来ました!久々に開放された前浜に行こうとも思ったのですが、あまりにも通常のポイントが穏やかなので、普通に潜っちゃいました。
今回の目標であった、
ハクセンアカホシカクレエビ。イメージどおりの写真が完成したようです。このバックを本当は青抜きしたかったらしいのですが、私はこのナチュラルな感じで統一された写真が好きですね〜。
続いて、イメージどおり・・とはなかなかいかない
ピグミーシーホース・・・。イメージは真正面のバックをぼかして・・・など色々あるのですが、なかなか動かないようで思った動きをしてくれないピグミーにイライラさせられることが多いですね〜。
さぁ、明日からはお正月休みのゲストの方もそろそろこちらに向かってきてくれます。でも日本には最大級の寒波が押し寄せてきていて、明日以降、天気がどうなることか・・と言ったところです。昨年は奇跡的にお正月休みは最高だったのですが、今年はどれくらい潜れるのかなぁ〜・・とかなり心配ですね・・。
「潜れなかったら朝から宴会や〜・・・」なんて声もありますが、みなさんも年末年始、暴飲暴食に注意!!ですね。



photo by 脳みそ大好き様

photo by 脳みそ大好き様

photo by ヘレン
12月27日(木)

天気 晴れ  水温 20〜21℃ 透明度 20M

なんか今年の年末は大荒れになりそうで...かなりきびしい状況かもしれんなぁ〜やばいなぁ〜って思ってたら!柏島の漁協さんも気の利いたことしてくれはります!
なんと「前浜」が解禁!!になりました。ほんまやっとやっとです。かれこれ3?4年ぶりとちゃうやろか?前浜ってどこやねんって方にせつめいいたしますと、ちょうど後浜の逆です...
と言うことはこの冬の北西の風がガンガン吹いても潜れるっちゅうことですわぁ!これで木枯らしが吹いても全然安心やね。ちなみに真ん中のエビは
コガラシエビです。とりあえず
「明日はそこに行っとかなあかんやろ」!って事で何が何でもいきます。
ほんまどんな生物が出てくんのかエエモンに出会えるやろか?今からどきどきです今晩ねられへんのちゃうやろか?







photo by 脳みそ大好き様

photo by ヘレン

photo by 脳みそ大好き様
12月26日(水)

天気 晴れ  水温 20〜21℃ 透明度 20M

本日来られたゲストの方は年間100本ほど潜られる方・・・。その方が、今日の海のコンディションは今シーズンベストかも??なんて言っておられました。それくらい透明度は抜群!水温も昨日までより1〜2℃上昇!海はベタ凪ぎで言うことない!と言った感じでした。
今年当り年の
ゴルゴニアンシュリンプ。結構色んな人が写真に収めていて結構みんな似たような写真になっちゃうのでダイヤリーにUPしないことが多かったのですが、今日のゴルゴは一味違う!なんとアオサハギとツーショットです・・・。なんかこの変な組み合わせが面白いですよね〜。
あと、今日は久々に
アカボシハナゴイが出てまして、いつもは出ててもすぐに引っ込んだりするのですが、今日はこの子の隠れようとする場所にナガサキスズメダイが居座っていて、入ろうとしても入ろうとしてもすぐに追い出されてました。だからすっごく写真に撮りやすかったです。
最後にゲストの方から本当に久々に「
クダゴンベ」のリクエストが・・・。最近リクエストされることもなかったので、とりあえず居そうな場所に行ってみると・・居ました・・最初オドリカラマツに居たのですが、最終的に動いて赤いウミウチワのところに移動してくれて、すっごい写真を撮る人にはたまらない!シチュエーションとなりました。
明日の予想最高気温は20℃だそうで・・・今日みたいな最高のコンディションになりそうです。





photo by  ゴマモンガラ

photo by  ゴマモンガラ
12月24日(月)

天気 晴れ  水温 19〜20℃ 透明度 15M

3連休最終日・・・。結果として3連休全日程潜れました!かなり冬としてはラッキーな事なので、嬉しかったですね〜。
さてさて、潜れた・・と言っても少し荒れ気味でしたが、相変わらず今日も色々出て面白かったです。
この3枚の写真の被写体・・・。これは全てほとんど動かなくして見られた生物達です・
一番上のエビは「
カムチャッカモエビ」でしょうか?水中でこのエビを見た時、咄嗟に「カムチャカ」と出たのですが、カムチャッカってなんだかすごく北の海を想像してしまったので、スレートには「寒いところにしかいないハズのエビ」っと書いてしまいました・・。でも図鑑を見ると熊本の天草でも出てる・・・ってことで柏島に居ても不思議じゃないかなぁ?って思います。
真ん中の
オオモンカエルアンコウの子供は近くにあるミルのようなものに擬態していて、大きなうねりにも負けずにずっと同じ場所に居てくれてました。
一番下のエビ・・・!これは感動しましたね〜。
ナガレモエビ属の一種・・ですが、このからだの点々・・というか模様は下の触手と全く同じ模様です。本当に凄すぎる擬態!一旦目を離したらもうわからないほどでした。エビカニが面白くなってきました!


photo by おさむ

photo by おさむ

photo by おさむ
12月23日(日)

天気 晴れ  水温 19〜20℃ 透明度 15M

大風で潜れないかも??と言っていて昨日の夜は大宴会!となった今日・・。大宴会して二日酔い?気味の方々も居るのに、朝起きてみれば・・・「あれ??海行けるやん??」・・・
ということで、意外や意外・・。3DIVE出来ちゃいました。もちろん、遠くには行けませんでしたが、未だにアイドル健在!っていうことで・・・、ちょっとブツブツが出始めた
クマドリカエルアンコウや大きすぎて100mmのマクロレンズじゃ入りきらないニシキフウライウオなどもちゃんと居てくれました!
今日、コンデジにフィッシュアイレンズをつけて、ワイド撮影担当!だったおさむちゃん。ワイドレンズでこの3枚全部撮ってくれました。一番下のエイみたいなのは何??これこそ、ワイドレンズにふさわしい被写体の登場!ですね・・・。このエイの仲間は「
コモンカスベ」と言って、30〜100mに住むと図鑑には載っている深海性のエイです・・・・が、今日は20mくらいのところでジットしていました。こういうのってやっぱり水温なのかなぁ??嬉しい珍客ですが、あんまり水温は下がってほしくない・・・複雑な心境の私です・・・。



photo by chackey

photo by かずみちゃん

photo by chackey
12月22日(土)

天気 晴れ  水温 19〜20℃ 透明度 15M

今年最後の三連休の始まりは比較的穏やかな柏島からスタートです。水温も少し下がり、ドライスーツとスキンスーツの割合が半々くらいになってきたアクアス。どちらにしても防寒対策は必需!のようです。
陸は冷たい柏島ですが、結構こんな水温になっても頑張るのね〜、っていうスズメダイたちが居ます。今日はこの写真の図鑑写真真っ青!ヒレの数まで数えられるほどの
アマミスズメダイナガサキスズメダイがログ書き中も話題となりました。もちろん、大き目のスズメダイたちばかりではなく、ヒレグロスズメダイなどは1cmサイズの子から居るし、ミヤコキセンやフチドリスズメ、セダカスズメなども2cmくらいのサイズの個体がワラワラ居ます。しかも水温で動きが鈍くなっているのか、いつもより撮りやすいような気がしますね・・・。
このヒレの赤い色が凄いハナダイは、
スミレナガハナダイのおかまが婚姻色を出しかけているところです。本当、ハナダイって性転換して婚姻色も出すので複雑ですが面白いですよね。





photo by れもん

photo by れもん
12月21日(金)

天気 晴れ  水温 19〜20℃ 透明度 15M

やっと、やっと・・・最高の凪ぎのコンディションになりました。ずっと北西が吹いてばかりで、潜れないでストレスたまりまくり・・・と言った感じです。久々に潜るとやっぱりちょっと水温が下がったなぁ・・という感じですが、下がったら下がったでええ感じに面白いエビカニやベラが出てきますね〜。
今日のダイヤリーのテーマは「普段居ない訳ではないけど、ちょっとなかなか見れない撮りたかったよ〜魚特集!」です。(なんのこっちゃ)
一番上の
フタイロハナゴイの超YG。3〜4cmくらいだったかな?まだ顔も幼くてヒレの色もめっちゃ濃くって綺麗です。何故かこの子がポツンと岩の隙間に居てすっごい可愛かったです。それもフタイロハナゴイにしては浅く、20mくらいのところでした。じっくり粘れる場所でしたね。真ん中のこの魚は、柏島ではよく見られる「シマヒメヤマノカミ」なのですが、たまにしか出ない「黄化個体」です。このとなりに普通のシマヒメヤマノカミが居てペアだったのですが、全く違う魚のようでしたね〜。
最後は私の大好きな「
アオスジオグロベラ」なかなかヒレを開いてくれないのですがこの写真は背びれも腹ビレも開き気味で良い感じです。いつ見てもすごい色やなぁ〜。
明日から3連休ですが、海況も良さそうで潜れそう!すごい大ネタ!ではないけどこの3つの魚たちは是非皆さんに狙っていただきたいオススメネタ!です。





12月20日(木)

天気 晴れ  水温 19〜20℃ 透明度 15M

今日はちょっと見てほしいベニハゼの写真を二枚UPします。上の写真は・・・わかる方も多いとは思いますが、もうすぐこの和名になると言われている「ナガシメベニハゼ」(SP-12)です。では下のこのめちゃくちゃ綺麗なベニハゼは???なんとこれを鑑定に出したところ、これも「ナガシメベニハゼ」と言われました。確かに目のラインの入り方など一緒なのですが、肉眼で見ても、写真に撮っても全然見た目が違います・・・。この下のベニハゼの水深はかなり深いので深いところのバージョン??ということになるのでしょうか??でも、引き続き観察を続けてみたいと思ってます。
一緒だ・・・と言われても、なんだか納得がいかないなんて、そうとう偏屈??かもしれませんが、しばらくは「ナガシメベニハゼのバージョン」ということにしておきます・・・。





12月19日(水)

天気 晴れ  水温 19〜20℃ 透明度 15M

久々に潜ってきましたが、今日は調査?と決めて普段は行かない方に行ったので、少し前に撮った画像をUPです!
写真の
イナズマベラが結構綺麗な色を出していたので撮ったんだと思いますが、綺麗に並んでルリホシスズメダイの子供が写ってました。何気ない写真のように見えますが、温帯域のイナズマベラと熱帯域のルリホシスズメという、いかにも「柏島」っていうコラボ的な写真・・ということで嬉しいです。ある意味、ココでしか撮れない写真・・とはこういうことなのかもしれませんね・・。
やっとのことで写真におさめることが出来ました〜!ザンジバルこと
イエローボクサーシュリンプ。これは居る場所もずっと変わってないのに、何時行っても、ハサミだけ・・・とかヒゲだけ・・・とかしか見えないくらいだったのですが、一瞬の出てきた瞬間を押さえることが出来ました!
明日も潜ることが出来そうなので、また潜れたらUPしますね!



photo by KAZU

photo by KAZU


photo by えりざべす
12月10日(月)

天気 晴れ  水温 20℃ 透明度 15〜20M

ずっと潜れてない日々が続いていますが、19日の今日は久々に潜ってきました!柏島生活にして初めてに近いくらいのドライスーツを着て・・・。だからでしょうか・・。全くと言っていいくらい寒さを感じませんでした。
久々に潜った今、19日のダイヤリーをUPしようと思ってパソコンを開けたら・・・、エライスンマセン!貴重なお写真をもらうだけもらっといて、10日のダイヤリーをUPし忘れてました!!ちょっと遅いですが、UPします〜!
この日は確か、久々に「ラスベガス」に行ったのですが、さすが水温も下がってくればベラが本領を発揮!です。
クジャクベラなんか「おーいいったい何匹おんねん〜!」って言いたくなるくらい、いっぱい居て、あちらこちらでフラッシングをしてるんですよ〜。見事にフラッシングの、やる気マンマンのところをKAZUさんがやっつけてくれました!!
やっつけた・・・と言えば・・・やっつけられまくりの
イレズミハゼSP−1。KAZUさんやりましたね〜。まさに「タイミングと粘り勝ち!」という感じですね。
そういう柏島の海は、やっぱり着々と秋から冬に向かっているのか・・・ウミウシが増えましたね〜。今日なんて、浅場に帰って、ちょっと根の壁を見ると、動かない状態で4種類ものウミウシがくっついてました。サキシマミノウミウシ、ジュッテンイロウミウシ、ヒロウミウシ、コトヒメウミウシ・・・と言った感じ・・・。ちなみにこの写真のウミウシは
サガミリュウグウウミウシのバージョン(ガチャピンって呼ばれてましたね・・)です。ウミウシと言えば、クーターさんの世界のウミウシ図鑑が発売されました!柏島の写真もたくさん掲載されてますよ〜!嬉しいですね!



photo by KAZU



photo by KAZU
12月9日(日)

天気 晴れ  水温 20℃ 透明度 15〜20M

心配された波もそこそこにおさまってきてなんとか楽しく潜って帰っていただくことができました。今日は透明度も良くて潜っているだけでも気持ち良い〜!って感じでした。
今日の水中は・・・今日ブリーフィングでそろそろ出てくるかなぁ〜・・・なんて言ってたら、やっぱり時期ですね〜。出ちゃいました!
コールマンズシュリンプの登場です。ちょっと小さめのウニだったので居ると思って見なかったけど、リクエストをされていたので、チラッと覗くと・・・ドーンってでっかいコールマンがついてました!そして落ち着いてからよく見ると、まだ色も出ていない、透明に近い小さな小さなコールマンが!このエビって絶対と言っていいほどペアリングしているのですが、今日もアンバランスでしたがしっかりペアでした。
ペア・・と言えば・・これも珍しい、
クロナマコに付くタイプのウミウシカクレエビ。これは小さい小さいペアでした。まだこのナマコにつきたて・・・って感じでしたね。これからどんどん大きくなって色がドンドンムラサキになっていくことでしょう。
今日はエビカニ絶好調やなぁ〜、って思ってたら、石をめくるたびに出てくるわ、出てくるわ・・・。
キンチャクガニが4個体も??もうこうなると、写真を撮る方も落ち着かずに大変です・・・。
これだけエビカニが出てきた・・・ということはアンナのもコンナのも出てくるかも??明日からに期待しましょう〜!



photo by まき

photo by まき

photo by KAZU
12月8日(土)

天気 晴れ  水温 20〜22℃ 透明度 10〜15M

もうなんで週末に風が吹くんやろう〜・・。金曜日とかこの土日が明けた月曜日からとか最高なのにね〜・・・。なんとか二本潜って、今日はゆっくり宴会!って感じでした。
潜ってしまえば、透明度も良くて、楽しい!先日伊豆大島に行った時にスタッフの方とヤドカリの話をしていて、この
ムラサキゼブラヤドカリは本当に珍しくて、貴重なんだ・・って話を聞いたので、あんまりいつもはヤドカリをやらない私なのですが、このムラサキゼブラヤドカリは熱〜くなっちゃいました。本当に文句なく綺麗なヤドカリですね〜。
この
フリソデエビのペアはガイドのお仕事をしているMAKIちゃんが見つけてくれました。偶然見つけてくれたのですがちゃんとヒトデを持っているお利口さんの個体でしたね〜。
また、このヒレのオレンジのハゼは「
アミメベンケイハゼ」これもかなりの稀少種です。最近やっと人なれしてきたのか?ちょっとは撮りやすくなってきました。この子の真横、ヒレ全開写真、撮りたいなぁ〜・・。って言う前誰か撮って下さい〜。
明日も風の予報ですが、なんとか柏島で潜れそうな感じです。




photo by KAZU

photo by KAZU

photo by KAZU
12月7日(金)

天気 晴れ  水温 20〜22℃ 透明度 10〜15M

ただいま〜!西表、伊豆大島の研修旅行を経て、今日からまた柏島始動!です。これからも熱〜い画像をバシバシUPしていきますので、宜しくお願いします〜!
まず最初の登場は・・・西表研修ではたくさん見せていただいた、通称アオギハゼSP、「
ベニハゼ属の一種の9」です。この子、結構小さいんですよ〜。西表ではアオギハゼほどあるのになぁ〜。柏島にはアオギハゼは出てないですが、このSPは今までにも何度か出ているようです。この子はアオギハゼのように穴倉に居るのではなく、普通に斜面の途中に居たりします。斜面の途中も要チェックですね〜。
この真ん中のベラは「
スミツキオグロベラ」。今日はカミナリベラやオグロベラなど、似たもの同志で一緒に居てました。この写真は背びれ付近から「グニャ」って曲がってますが、決して奇形などではなく、ストロボをたいたら、時々魚ってこんな感じになるときがある・・・その瞬間を撮っていただきました。
写真の下はとっても綺麗なソフトコーラルに付く、
ウミタケハゼの一種です。まだ小さくて、何ウミタケハゼかはわかりませんね〜。今後の成長を見守ってみます・・・。
西表、伊豆大島、どちらも本当に大興奮するほどのヤバイ面白い海ですが、やっぱりアクアスホームグランドの柏島も、ヤバイです。
帰ってきたばかりですが、次から次へと色んなものがたくさん出てきてくれました。
明日も風が吹かないで居てくれたらよいのですが・・・。明日からのダイヤリーもお楽しみに〜!



photo by ゆうさん

photo by おかめ

photo by Mochitake
11月24日(土)

天気 晴れ  水温 20〜22℃ 透明度 10〜15M

今日も昨日にも増して最高のコンディション!ホンマに「ちゃんと潜れるよ〜・・・」ってだけで、神様にありがとう!って感じですわぁ・・・。
そうそう柏島には「ピンク神社」と(うちのゲストの方には)言われている神社があって、(赤いところが剥げて薄くなっているからピンクに見える・・・)その神社に私とまっちゃんはよく、安全の祈願と、「海でのステキな出会いがありますように」ってお祈りをするんです。・・そしたら・・・なかなか見れない「
カクレイシモチ」を今日は二回も見ちゃったりとか、もう一つ私は柏島で初!の生物が出ました。なんとなんと、20m台で「キアンコウ」です。えっ?これってもっと寒くなってから、それも深いところじゃないの?って思っていましたが、普通にハゼなどを撮っている砂地に居たようです。なんとも間抜けな顔がたまりませんね〜。でもこのキアンコウが出るってことは「水温が下がりました」ってことなのかなぁ・・・。本当に急に下がったし・・・。さすがに70分オーバーは寒く感じます。(当たり前ですね・・・)
潜ったメンバーでログ書き中、今日撮った写真を見るのですが、一際「おっ〜・・・」っと声のあがっていたのは・・・この一番下の
ウミスズメの求愛シーンでした。なんだか二匹で仲むつまじくしているところが本当にかわいくて、ホンワカする写真ですね〜。バックのブルーも綺麗ですね〜。
・・てな感じで明日も天候に恵まれそうで、この3連休は最高!でした。アクアスは、明日のみなさんとのダイビングが終了したら、1週間ほど西表、伊豆大島っと研修旅行、という名の旅に出かけて参ります。しばらくダイヤリーはお休みすると思いますが、近況等は普段はあまり動いてないブログなどで報告して行きますので、お楽しみに!!では、色々勉強して参ります〜!!



photo by Mochitake

photo by nob

photo by おかめ
11月23日(金)

天気 晴れ  水温 20〜22℃ 透明度 10〜15M

10月、11月・・・週末ごとに北西の風が吹いて潜れなくなってたことが続いていたので心配してたこの3連休・・・。天気予報を見ると・・・もう飛び上がりそうに嬉しい〜!もう最高のコンディションになりました。ゲストの方々もテンションがかなり上がって、「プチフォトバトル!」のような感じになってます。透明度も悪くないのでみなさん思い思いに色んな撮り方で写真を撮っておられました。
ホンワカ写真がお好みのモッチーは
バサラカクレエビをこんなにかわいく撮ってくれました。NOBさんも負けてません・・・。そー言えばこのカニ最近ダイヤリーに出てこなかったなぁ〜・・・て書いている今思いましたが、ナカソネカニダマシです。模様めっちゃ綺麗ですよね〜。
さて、一番下は「
オイランヨウジ」なのですが。よぉく見ると、お腹にタマゴを持っています。
川とか潜っている間に水温も若干下がったので、ちょっとハゼの出が悪くなったような気がしますが、エビカニ、カエルアンコウ系などは充実しています。ゲストも少なくなってくるこれから、北西さえ吹かなければ、もう最高の毎日なのになぁ〜・・・。



photo by ぢろー

photo by nob

photo by nob
11月22日(木)

天気 晴れ  水温 22℃ 透明度 M

3連休前に来ていただいたゲストの方と、今日は柏島を潜れるかなぁ〜・・って思って朝起きると、またまた大風・・。もう、イヤになるなぁ〜・・・なんて思ったのですが、またまた川に行っちゃいました。昨日もカエルやカメなど最強キャラの登場!だったのですが、今日は・・・最終兵器の登場!これは昨日、カメ、カエルが出たんだから、
スッポンなんて居たりしてね〜・・・、なんて笑い話してた・・・ら・・・ホンマに出ちゃいました!このすっ〜っと長い鼻先、まさにスッポンです。そんなん川に居るんですね〜。不思議ですわぁ〜・・・。
川といえば、やっぱり汽水域のハゼがアツイです。このハゼは
ゴクラクハゼ・・・と言って一見地味ですが、写真に撮ると「ゴクラク」っと付けた意味がわかるような気がするくらい綺麗なハゼですね。
最後にアユかなぁ〜・・・と思って撮っていた魚は
ウグイという魚で、これも塩焼きが美味しいんだかとか・・・。
今日もゆっくり風も何もない川で潜ってきました。ゲストの方も、さすがのスッポンの登場には度肝を抜かれてましたね〜。水温が低くて寒いけど、水中はかなりアツイ・・・!って川ダイブを満喫してはりましたね〜。
さてさて、明日からは3連休!っで、ひっさしぶりに週末風が収まり潜れそうです・・・。良かった良かった・・・。明日は柏島のダイヤリー・・・楽しみにしていてくださいね!





photo by ぢろー

photo by ぢろー
11月21日(水)

天気 晴れ  水温 22℃ 透明度 M

今日はまだ海も荒れてて、ゲストの方も居なかったので、またまた川の調査に行ってまいりました!って言っても、さすがに川は水温が下がってまして、私はもっぱらまわりのグルメや観光スポットの調査・・・に一生懸命でしたが、男二人は一度入ったらなかなか上がってこない・・・!陸に上がってくるたびに「アツイ!」(水中は場所によっては13℃ほどしかないのに)を連発してました。
何がアツかった?って??なんとあまり喜ばしくない
ブラックバス??四国にも入ってきてるんですね〜・・・。このブラックバスもかなり大きくて60〜70cmくらいもあったそうです・・・。
そんなビックリに続いて・・・アクアスのダイヤリーでは初めての?両生類??なんと水中で
ウシガエルゥゥゥ??ええんかいな?こんなんのせて??このウシガエルもまっちゃん曰く、「ラガーの半分くらいあった・・」??・・まぁ、大げさなまっちゃんの言うことですから、そのさらに半分くらいの大きさっっちゅうことにしときましょ・・・。
カエルでビックリですが、この下のカメ・・・これは実はカメオタク?のぢろーちゃん曰く、「
イシガメ」といって、だんだん数が減ってきている稀少種なのだとか・・・。
・・・って言うか、アクアスどっちの方向言ってるん??ってダイヤリーですが、大丈夫!ちゃんと海を潜れる日は柏島のアツ〜イネタを用意してますので・・・ご安心を・・・・。







photo by ぢろー
11月20日(火)

天気 曇り  水温 22℃ 透明度10〜15M

また風が出てきちゃいましたね〜・・・。もういったい北西の風はいつになったら治まるのか・・・って感じです。しばらく天気予報から目が離せそうにないですね・・。
今日は荒れながらも2DIVE行けました。海に入ればもう楽しいこと間違いなし!って感じなんですがね〜・・。外が寒いからか海に浸かったら暖かく感じました。
ワカヨウジも水温が下がるとたくさん増えてくるような気がします。もともとあまり浅いところには居ないのかな??
真ん中の写真の魚は一瞬「これ何??」って思いますが、
シロタスキベラの子供から大人へ変わるステージのようです。しっかり撮ると色んな色が出て綺麗ですよね。一番下の魚は「アヤメカサゴ」なのですが、これは柏島では結構水深が深いところにしか出ません。水温が下がると出てくるようです。(伊豆方面ではよく見れるらしいです)あまりちゃんと写真に撮らない魚ですが、この黄色やピンクやなんかが混じった模様・・・。まさに「アヤメ」と名がつくにふさわしい、とっても綺麗な魚ですね・・・。
明日からも大荒れの予報ですが、11月最後の週末はいったいどうなるのでしょうか??久々に「無風の柏島」になることを期待しましょう!!







photo by ぢろー
11月19日(月)

天気 曇り  水温 21℃ 透明度10〜15M

今日ゲストの方から電話があり、「最近川ばかりUPされてますけど、柏島潜れてますか??」なんて・・・みなさん不安になっているみたいで・・・。そうなんです・・・、週末ごとに風が吹いちゃってますが、今日は昨日の強風がなんだったの??なんて思うくらい最高のコンディションでした。なんとか明日も柏島で潜れそうです・・・。
今日はまた新たな魚が・・・。このアオギハゼのようなハゼは??柏島初登場??日本のハゼの「
ベニハゼ属1種の9」でしょうか?これはまだ和名が付いてないですね・・・。この個体はメスでめちゃくちゃ小さいらしいので近くに背びれの長いオスが居ないかをまたチェックしに行って来ます。
さて、久々に写真に収めることが出来た「
イエローボクサーシュリンプ」この子は居る場所はわかっているし場所も移動してないのになかなか写真に撮らせてもらえません。こんな写真がやっと・・・って感じですね・・・。
最後は13日のダイヤリーに書いた場所で湧いている「
オキノスジエビ」・・・もう絨毯です。でもこれが上がってくる・・・ってこと=寒くなりますよ〜・・・ってことですよね・・。あ〜やだよ〜・・・。もういっぺん黒潮入って下さい〜!!







11月18日(日)

天気 曇り  水温 24℃ 透明度?M

最近、週末になると本当に風が吹いて潜れなくなっちゃいますね〜・・。今日は今シーズン最強の寒気がやってきて、外を歩けないくらいの風になっちゃいました・・・。
そんな中でも変態チームは潜っちゃいましたね〜。またまた川です。どうやら川の面白さにも取りつかれちゃったみたいです・・・。
一番上は高知の川にも居る「
ボウズハゼ」。ボウズハゼの種類は色々日本のハゼに載っているだけで7種類居て、高知県ではボウズハゼとナンヨウボウズハゼが見られるようですが、このボウズハゼも婚姻色を出したらすっごい綺麗なので、楽しみですね〜。
真ん中の写真は「
カワアナゴ」。なんで「アナゴ」ってつくのに「日本のハゼ」に載っているのか不思議ですが、カワアナゴ属にはチチブモドキやオカメハゼなども入るようです。
そして最後の写真は「
ウロハゼ」。これなんかはなんだか初めて聞く名前です。でもちゃんと日本のハゼには載っているんですね〜・・・。ハゼの世界は本当に奥の奥まで深〜いですね。
なんせ初めてのもんづくしで楽しいです!もっと暖かい時に本当は行きたかったんだけど暖かい時はこちらの柏島が潜れるし、なかなかこういう季節にならないと行けない・・というところでしょうか?また川特集をお楽しみに!



photo by ぢろー



11月16日(金)

天気 曇り  水温 24℃ 透明度?M

海からのメッセージ、取材3日目です・・・。が、北西の風が強く、大荒れだったのと、その放送の中の「
探検ダイブ!」というコーナーでとりあげよう!という意味もあって・・・川に行ってまいりました〜!川はいつ入っても見たことない、知らない魚ばっかりで、取材の広部さん、まっちゃん、ぢろーちゃん・・・みんな小学生がクワガタ取りに来たみたいにテンション高〜い!です。
一番テンションが上がったのは、この真ん中の魚の出現!うわぁ〜、何この魚?フエダイ系の子供??とか、色々話してたのですが・・、帰ってきて調べると・・・そう、これは以外にも「THE 
コショウダイ」の子供だったのです。これって6000本以上のイントラが揃って初めて見た・・ということは今まで潜っている環境にはなかなか出ない・・・ということなのですね・・・。図鑑には「内湾や汽水域に居る」となってます。ホンマに川も潜っていくと何が出てくるやら・・新しい楽しみがまた出来ましたね〜。
この一番下のハゼは「
サツキハゼ」。川や汽水域によく出るハゼです。可愛いハゼですね〜。私もちゃんと撮りたいです。
一番上の写真は???綺麗でしょ〜・・。もちろん海の中の写真ですよ。この写真はボジョレーヌーボの解禁に合わせてUPしようとずっとここまで暖めてました。このワイングラスのような物体は・・・実は
貝のタマゴだそうです。いつもは生物のヒレ全開〜!みたいな写真を撮っているぢろーちゃんですが、こんな幻想的な写真も撮るんですね〜・・・。やられた〜・・・って感じです



photo by ぢろー

photo by ぢろー

photo by ぢろー
11月13日(水)

天気 曇り  水温 24℃ 透明度20〜25M

やっちゃいました!すんごい場所が見つかっちゃいました。はっきりいってこれから先、一体何が出てくるのか検討もつきません。はっきり言って色んな意味でヤバイかもしれません。ちょっと怖いくらいです・・・。私はこの書いている今でも興奮しているほどです・・・。
何が?ってこの写真たちが物語ってます・・・。
まずは高知土佐の名前が付いているのにヤイトヤッコは見れるのに見たことがなかった「
トサヤッコ」それも立派な成魚・・・。まずこの出現にビックリ!うわぁ〜・・・って思っていると・・・深いところから網にかかってきて桟橋下に捨てられていたのを見た・・ことしかなかった「サクラダイの群れ」・・・。えっ〜!!ここってホンマにヤバイんちゃうん??って思ってたら、その手前に居るのはフタイロハナゴイ???ではなく、なんと、なんと、・・・「ミナミハナダイ」ではありませんかぁ〜!!!
もう完全にお手上げ状態。まだまだ探せばお宝がザックザックの予感の場所でした。
いや〜・・・そういえば今日は・・・水温が下がってきたから?久々にゆっくり撮れるホムラハゼが・・・。でもそんな事もかすんじゃうくらい、ホンマにホンマにヤバイもん出てきちゃいましたね〜・・・。
もうはっきり言ってかなりアツイことになっているちょうど良い時に、今日から5日間、実はCS朝日で放送中の「
海からのメッセージ」という番組で、柏島とガイドのまっちゃんの取材が始まり、カメラマン&コーディネーターの広部さんが来てくれてます!もちろん、「いや〜、凄い海だわぁ〜・・・」を連発していただいてます。詳しくはブログで(久々にUPしちゃいます)・・・。
明日からも取材です!楽しみですね〜!



photo by KAZU

photo by こーすけ
11月12日(月)

天気 曇り  水温 24℃ 透明度20〜25M

昨日、今日は「お手上げ」状態の海でした。朝海を見て、降参しちゃいましたね〜。スパッと諦めて、ちょっと泥のビーチとスノーケリングで楽しんで来ました。
このサラサハゼ・・・ヒレ全開で凄くないです??
サラサハゼは特に珍しいハゼではないのですが、ちょっと泥っぽいところにしか居ないので柏島のポイントでは見ることはありません。この子は15cmはあるビックサイズでずっとこんな風にホバリングをしていてヒレも開きっぱなしでした。この尻びれのブルーの入り方なんかは通にとってはたまりませんね〜!!
今年は「もうええっちゅうねん!」て言うくらい多い「
カンナツノザヤウミウシ」これ産卵中です。最近砂地にあるケヤリの茎にオレンジのものがついているなぁ・・・と思っていたら、これ全部タマゴだったんですね。この種類はこういうところにタマゴを産み付けるんですね。初めて知りました。
さて、最後はスノーケリングで撮った写真ですが、アツイ!!このブルーのV字がたまらん、スズメダイ好きにはたまらない「
ネズスズメダイ」。もちろん、これが目的でスノーケリングをしたのですが、探せば結構たくさん居るものです。今日はお初で「クロソラスズメダイ」なんかも見れました。超浅浅のスズメダイ、かな〜り楽しいですよ〜。
でもタンクもツケズに顔だけつけて写真撮ってるのってかなり「変態」入ってますよね・・・。ってあんまり自覚症状はなんですけどね・・・。







photo by こーすけ
11月10日(土)

天気 曇り  水温 24℃ 透明度20〜25M

荒れ模様の週末でしたが土曜日はなんとか柏島で3DIVEできました!水温も高めだし透明度も良いし、最高!でしたね〜。
その前の日にネタ探しに行った時にみつけたこのカエルウオ、これ初めて見たんですが・・。図鑑にも載ってないし、ネットなどで調べていくと・・・ミノカエルウオのところに同じ写真が出てきました。
ミノカエルウオのバージョンのようです。サイパンや西表、石垣などで出ているタイプのようです。ホンマに柏島ってまだまだ初物が出てきますね〜。
今日見つけたこの
スジハナダイの子供はめっちゃくちゃ可愛いサイズ。尾びれも長くてかわいかったです。あらためて、海の中でなんでこんな派手な真っ赤なスジを入れる必要があるんやろ??なんてどうでもいい事を考えたりしますが・・・。
11月以降は本当にエビカニのシーズンが到来!っで、エビカニだけでも1ダイブ充分にガイドが出来るくらいネタが豊富です。一匹
キンチャクガニを撮っているゲストの足もとで片方の手でライトを照らしながら、もう片方の手で石をめくると・・・キンチャクガニが出てくる、出てくる・・・。だからって全部撮るこたぁなんですがね・・・。
この時期はキンチャクガニを探していると、フリソデエビの赤ちゃんが出てきたり、ヒメキンチャクガニが出てきたり・・・と本当にすごいです。実は何を隠そう、私はエビカニも大好きですのでエビカニリクエスト、待ってますよ〜!




photo by yacchiki



11月9日(金)

天気 曇り  水温 24℃ 透明度20〜25M

今日も潜りに行きましたが透明度も良く、水温もいい潮が入って上昇し24〜25℃近くあり、最高のコンディションでした・・・。ただ・・10月に入ってから毎週毎週よく週末ごとに北西が吹くなぁ〜・・・っていうくらい、今週末も北西、大荒れの予報です・・・。今週はネタ探しも充分!・・・っと思っていたのに、明日からは北西ビュービューに(ホンマになるんかなぁ?てくらい今は穏やかですが・・・)なりそうな予報です。
昨日鑑定に出しています・・・って言っていた魚・・・、まだ返事がきてませんが、テンスモドキの色彩変異なのでしょうか?それともホンテンスモドキ属の一種・・と図鑑やネット上であるやつにも似てますが、まだまだ不明です。結果が届き次第、報告しますね。
真ん中の魚は日本では稀種とされる「
セイテンベラ」のメス。なんだかあまり見ない魚だなぁ・・・と思って撮ってみましたが、確かに稀種なのか、まっちゃんも初めてみたと言ってました。
一番下の魚・・えっ??これ何〜??って一瞬思いますが、実はこれ、よく居る「
ミナミギンポ(色彩変異)。ホンソメワケベラに混じってクリーニングをするふりをして魚の身を食べてしまう・・・というとんでもない悪者なのです。よーするに・・・ミナミギンポの悪者バージョン、スパイダーマンで言う、「ブラックスパイダーマン」みたいな変身術なのです(スパイダーマン3を参照)。この写真を撮ったあと、この子、穴に入ったのですがそうしたら普通のミナミギンポのオレンジに戻ったのです。悪いことする時だけ変身するなんて・・・。ニクイ奴ですね〜。





photo by yacchiki

11月8日(木)

天気 曇り  水温 24℃ 透明度20〜25M

今日もリサーチダイブに行って来ました。今日はなんで今日みたいな日にゲストが居ないの〜??って言うくらいのベストコンディション!透明度抜群!またいい潮が入ったのか水温まで1〜2℃上昇!今日の2本は80分超えでも全く寒くなかったです。
さて、今日は貴重な貴重なハゼを2種・・・。10月の20日ごろに見つかった「
アミメベンケイハゼ」。ちゃんとなかなか横向きの写真が撮れないので意地になって通う毎日・・・。今日はなんとか尻尾まで入った画像を撮れました。このハゼの特徴って体が網目模様をしているだけでなく、ヒレが全体的にオレンジ色をしているんですね・・・。
そして二枚目は久々の対面、
オニベニハゼ(ベニハゼ属一種の11)。このハゼはとにかく美しい!の一言に尽きます。ちょっと離れて見ても金色に輝いています。ホンマにファインダー越しに久々に「ヤバイ〜!綺麗〜!」っと連発しながら、撮ってました。
最近、ヤッコの幼魚が浅いところによく出てきますが、なかなか写真に撮れないんですよね〜。あまり珍しい・・・というわけではないのですが綺麗なものは、綺麗!ということでダイヤリー行きです!
昨日撮った写真の中で、何の魚だかわからないものがあったので今鑑定に出しています。またわかり次第UPしますので、お楽しみに〜!






photo by yacchiki
11月7日(水)

天気 曇り  水温 22℃ 透明度15M

アクアス最近地味〜な魚ばっかり載せてますので、今日はここらへんで派手な魚をいっときます!ってことで・・・。
久々の
黄クマくんの登場!白、黒はよく出たのですが、この黄色は久々ですね〜。可愛い〜。ガイド仲間のS君に教えてもらいました!ありがとうね〜!!
でもね〜、そんな「超アイドル」を横目に・・・私は
クジャクベラと格闘してました。この付近、最近行ってなかったのですが、結構な数のクジャクベラが群れていて、バンバンメスにアタックしてます。(後ろに写っているニ個体もクジャクベラです)・・・婚姻色出しっぱなし!それも水深も20m前半?くらいのクジャクベラにしては浅いところです。「クジャクファイト」・・・みなさんもチャレンジしませんか?
最後の写真は・・・あまりコメントしたくありません・・・。エグっ!キャーっ!!可愛そう〜!!って思っても、反射的にカメラは戦慄の現場に向けられてしまうのです・・・。ダテハゼくんの最後のあがき声が聞こえてきそうな・・・そんな感じの臨場感のある写真ですね・・・。
少し波があったものの、今日もスタッフだけでネタ探しダイブに行ってきちゃいました。11月になって落ち着いてきたので、こんなことも出来るんですが、カメラを持って入ると柏島ってホンマに面白いですわぁ〜!
明日のダイヤリーもご期待下さい!







11月6日(火)

天気 曇り  水温 22℃ 透明度15M

今週はゲストの方が居ないのでスタッフ3人でいつもはいかないような場所へ調査??ダイブしてきました。
色んな魅惑的なベラたちが居る中で一匹だけ目の端に赤いものが・・・。最初はその模様の入り方から「クダゴンベ?」なんて思ったほど赤と白がめだってました。よぉく眼を凝らしてみると見たことのない魚だったのでとりあえず証拠写真を・・・。お店に帰ってきて調べると、日本の図鑑には載ってない・・・。クーターさんのベラ図鑑にある「
スレンダーマオリーラス」というのに一番よく似ていました。もちろん和名がないので、柏島で初めてちゃうん??なんて思ってたら、その洋書の図鑑に載っているその写真は、やっぱりさすが、柏島の第一人者、平田さんの写真でした・・・。ホンマにすごいなぁ〜・・・。でもこんだけ毎日潜ってても次から次へと見たことないものが現れるこの海もホンマスゴイです。
普通のベラの子供もキチっと撮ると綺麗です。この真ん中の写真は
ホンベラのメス。柏島では普通に居てます。
今日はモチノウオ属のスゴイのが(一番上のスレンダーマオリーラスのこと)出たので、結構普通に居る
ヒトスジモチノウオ(写真下)も載せておきます。






11月5日(月)

天気 曇り  水温 22℃ 透明度15M

今日はゲストも少なくなったのでまっちゃん、ぢろーちゃんでネタ探しに行ってもらいました。まぁ、あの二人がネタ探しすれば、またまた変態系の??なんて思うなかれ??ちゃんとアイドルのピグミーシーホースを!それも3個体も見つけて来ちゃいました。さすがです!
でも、その後はやっぱり変態系?この真ん中の魚は「
アデイトベラ」と行って、深場に住むかなりかなり稀なベラだそうです。(この子はメスなのでオスはもっと綺麗ですよ)。思っているより浅いとこに居たのは、やっぱり今日の下の水温が19℃だったせい??
伊豆大島などで見られる・・・というので、今度行く予定があるのでリクエストしようかと思っていた矢先、やっぱり柏島で見れちゃいました。
この一番下のブダイは「
スジブダイ」というブダイで、図鑑には高知県柏島以南・・・となっています。とっても綺麗なブダイですね〜。
今年は暖かい水温が続いたので、かなり南からの使者も多かったですが、あまりありがたくない?ゴマモンガラ君が居ついています。ただ、他の海でみるゴマモンガラはかなり凶暴ですが、柏島にやってきた子はひとりぼっちなのか?かなり臆病・・・。写真を撮ろうとするとすーっと隠れてしまったりします。って写真を撮ろうとしている私も私ですが??ねぇ〜?



photo by かまぢ

photo by かまぢ

photo by かまぢ
11月4日(日)

天気 はれ  水温 23℃ 透明度15M

金曜日から来てくれている伊豆などで活躍するガイドの方々やカマヂハナダイのかまじさんたちグループ・・・。みんなにアツ〜イ柏島を・・・っと思っていたのですが、海が荒れたりポイントに釣りが居たりと上手くいかない??・・・と思っていたら、なんとなんと大興奮!!ぢろーちゃんがこんな時にオビトウカイスズメダイを見つけて来てくれちゃいました!!このメンバーの時に出すかぁ〜?ホンマにみんな大興奮ですわぁ!それも前回見つかったところより水深浅めです!ずっと居てくれたらいいなぁ〜・・・。
浅いと言えば、この子も
ゴルゴニアンにしては浅くて大きくて太いペア・・・。何故かペアなのに両方タマゴを持っているんですよね〜?両方メスかぁ??でもオスが居ない??一体どういうことなのでしょう?エビカニの世界もよくわかりません・・・。
最後にめっちゃくちゃ珍しい「
ユリウツボ」が登場!ハナヒゲウツボ、アデウツボ、ゴールデンイールモレイなどに比べると人気度は薄いかも??ですが、この網目模様は大迫力!格好良い〜!!ですね〜。
ちょっと水温が下がってきました。そろそろベラたちも上がってくるころ?かなぁ?
ベラ好きにとってはたまらないシーズンになりそうです。






11月3日(土)

天気 はれ  水温 24℃ 透明度15M

11月になってますます水中も熱い日々が続いていますが、あえて、普通に居るこの子たちに注目してみました。一緒にぐっちゃ〜っているこの3種。仲良く共生?しているので、誰が誰だか区別がつきにくいですが、この3種がちゃんと見分けられるように・・・と日々目を凝らしている毎日です。
まず真ん中の子は
タカサゴスズメダイ。この3種の群れのリーダー的存在で一番多く群れてます。その中に2、3個体何気な〜く混じっているのが、このササスズメダイ(一番上)。タカサゴスズメに比べると全体的に少し丸っぽい(体高がある)くて、尻尾も丸く尖ってないです。一目で見分けるのは(私はですが)、なんとなくササの方がネコ目っぽくて可愛い感じがします。
さてさて、そんなスズメダイの中に一匹だけ、こんな奴が混じってます。見た目はタカサゴスズメにそっくりです。この一番下の魚はスズメダイでもない、
バラフエダイの幼魚です。これって一匹でいるより、みんなに紛れていた方が安全??っていう幼魚の知恵??なのでしょうか?
そういえば私が小学校の時に(いったい何年前になるのかは秘密ですが・・・)「スイミー」っていう話が教科書に載っていました。一匹だけはぐれてしまった子が他の魚に紛れて最初はいじめられるのですが、一匹だけ違うので群れが大きな魚の形になって、その子が目になって、大活躍!みんなのヒーローになった・・・という話・・・。それに似てるけど、ここまで似たもの同志だと意味ないかぁ?



photo by ぢろー

photo by ぢろー

11月2日(金)

天気 はれ  水温 24℃ 透明度15M

今日のアクアスはスゴイことになってますね〜・・・。パラオのガイド、伊豆のガイドが大集合!7人居て、いったい誰がメインガイドなの〜・・・??って感じの水中・・。まっちゃんも「さぁ〜、どこでも行くで〜!!」って臨戦態勢でしたが・・・あえなく、北西の風ビュンビュンで安全に行けるところにしか行けません〜・・・って降参状態でした。
先日一度見て、このイシモチはもしや??って思っていたイシモチ・・・。なんとペアで口内保育をしています。シボリという種に似ていますが、イシモチだけの図鑑に載っているオーストラリアで撮られている
Eared Cardinalfishという魚ではないか?と思われます・・・。自称、全アポ振(全国アポゴン(イシモチ、テンジクダイ系)振興会の略)のメンバーであるまっちゃん、ぢろーちゃんが大騒ぎ・・・。ゲストの方々の目が点になるほどアツクなってました。
このイシモチもアツイですが、私はずっと撮りたい、撮りたいと思ってまだ撮れていない「
アオスジオグロベラ(昔ソメワケオグロベラと呼ばれてました)」。このベラ、本当に美しいです。う〜、撮りたいよ〜!!ベラの季節やね〜!!
最近湧きまくっている
カンナツノザヤウミウシ・・。今年はなんだかいつもに比べるとエサが多いような気がして、目を凝らしてみると本当に多いし、個体が大きいです・・。この時はツノザヤウミウシとペアで居ました。
明日もこのメンバーが引き続き・・・なので、潜れさえすれば一体何が見つかるのか???楽しみですね〜!!



photo by ぢろー

photo by ぢろー

photo by ぢろー
10月31日(水)

天気 はれ  水温 24℃ 透明度10M

少しづつ秋の海から冬の海にかわりつつある・・・そんな予感がする柏島ですが、まだまだハゼもでてますし、そんなの関係なくレア物、人気者路線とはちょっと外れた??方向に行く??アクアス変態チームです。
その変態代表としてヘルプに来てくれているパラオのスーパーガイドのぢろーちゃんとまっちゃん、ガイドだけが大興奮していた(その時は・・・)ブルーフェイスこと
キンチャクダイのベトナムバージョン!これ、世界でもベトナムでしか出ていない、(もちろん日本でも)めちゃめちゃ珍しい魚なんです。(ゲストの方たちはえっ〜??って感じでしたが・・・)とにかく興奮しておりました。
続いて、真ん中はダイビングするポイントではあんまりみかけない(浅い、浅いところにいる)
マダラギンポです。ビーチダイビングとかすると見れるようですが、深いところも見たことのない珍しいのが居ますがあんまり行かない浅〜いところも魅力的です。スズメダイからギンポから・・・楽しいですよ〜。
あと、黄色いギンポ(これ
ハダカコケギンポと名前が付いている)にひつこくしすぎて威嚇されてしまった図・・・です。魚からしたら身を守るために必死の行動なんでしょうけど、私達からすると「ナイスショット!」ということになるんですね〜・・・。ごめんね〜。



photo by ぢろー

photo by ぢろー

photo by DAN
10月29日(月)

天気 はれ  水温 24℃ 透明度10M

今日もちょっと透明度は落ちてしまいましたが色々盛りだくさんの内容で楽しい海でした。
カメラを持って入っていたぢろーちゃんが満面の笑みで画像を見せてくれたこの一枚目の写真・・・。コバンハゼsp−2(
アワイロコバンハゼと最近名前が付きました)なのですが、なんと顔の下に見えるツブツブはもう目が見えた状態のタマゴ!!そうです・・・。タマゴを守っているんですね〜。もちろん、このサンゴにはペアで居てました。もうすぐハッチアウトかなぁ??
ウミウシカクレエビもやっぱりニシキウミウシに付くと絵になりますね〜!!今日の透明度ではありえないキレイなブルーを出して・・・、もう〜エエ写真撮らはるわぁ〜、ホンマ。
ゲストの方々も負けてはいません!この下のハナダイは
ベニハナダイ。この子は一応オスですが、これが婚姻色を出したら、もうヤバイくらいのキレイさですよ〜。その瞬間をいつかカメラに収めたいものですね〜!!
さぁ、釣りがずっとずっと居て、しばらく勤崎に入れてないのですが、明日はどうですかね〜??そろそろ潜りたいなぁ〜・・・。



photo by ハゼドン

photo by DAN

photo by あんま〜
10月28日(日)

天気 はれ  水温 24℃ 透明度10M

今日は1日でよくもまぁこんなに穏やかになるものだ!っていうくらいの良いコンディションとなりました。でも上手く行かないもので透明度はちょっと落ちちゃった感じです。
そんなの関係ない、・・・って感じにDANさんがこんなに美しくゴルゴニアンを撮ってくれました。芸施術的ですごい写真ですね〜。
一番上の
カエルアンコウモドキの赤ちゃん。もうこの踏ん張る手(足?)が可愛すぎてやばいです。今日は居なくなっていたようですが、近くに居てくれるかなぁ・・・。
この一週間やたらにエビカニがアツイです。この一番下のカニ。タエニオラって言うカニに似てますが、ちょっと違って、甲羅の模様が違うカニを見つけました。鑑定に出したいと思ってます。
また結果報告しますね〜。
明日は快晴ベタ凪ぎの予定です!
透明度回復して〜〜!!



photo by あんま〜

photo by あんま〜

photo by あんま〜
10月27日(土)

天気 はれ  水温 25℃ 透明度15〜25M

今日は予想の波に追い討ちをかけるように台風のうねりまで入って大荒れ・・・。それでもなんとか朝から2DIVE行ったのですが、これまた「アツ〜イ」内容の海になったのです。なかなか見れないイトヒキアジがクリーニングをされていてジッとしてたり、ゴルゴニアンシュリンプが新しい場所でペア、しかも卵持ち!で見つかったり、1cmくらいにカエルアンコウモドキの赤ちゃんが見つかったり・・・と私的には水中で「うぉ〜!」って叫ぶ回数が多かった1日でした。
それなのに・・・今日のダイヤリーは・・・なんでまたスズメダイなん??それも1mの水深もない、これスノーケリングで撮った写真特集です!実は今日、お昼からは大荒れのため潜らずに、ゲストの方たちとみんなでコスモス祭り(大月町)に行って来ました。それに行かなかったスズメダイ大好きのゲストさんが何人かスノーケリングに行ったんです。アツイなぁ〜!
私が見たい〜!って思っていた「
ネズスズメダイ(写真上)これもスノーケリングで見れちゃうんですね。真ん中は「テンジクスズメダイ」、そして一番下は「ロクセンスズメダイ」。フツウにダイビングをするようなポイントではみれないものばかりです・・・。今度波打ち際でパシャパシャ私もネズスズメダイ撮りにいくぞ〜!!



photo by あんま〜

photo by あんま〜

photo by あんま〜
10月26日(金)

天気 はれ  水温 25℃ 透明度15〜25M

今日はアツ〜イ、アツ〜イスズメダイ命のあんま〜さんが遊びに来てくれました。そう、このスズメダイを見たくて見たくて、遠い関東から来てくれたのです。一番上の
アイスズメダイ・・・。もうこのステージになるとさすがに地味な感じですが、あんま〜さんは1DIVEここに刺さろうか?くらいの勢いで、このスズメダイと格闘してました。
・・・でもここに刺さらずに・・・なんと1DIVEでこの3種のスズメダイを撮ってくれました!真ん中の
フカミスズメダイはヒレ全開!大きさもちょうどよくてすっごいキレイな個体・・・。スズメダイに愛があるのか、写真にもその愛が伝わってきます・・・。
一番下は今年はなんか個体が多いような気がする(そういう目で見たらたくさん居た・・・という感じでしょうか??)
デルタスズメダイ。ちゃんと撮ったら胸鰭とかが少し黄色がかってるんですね。こうやって見るとよく似てると言われるシコクスズメより上のフカミスズメに似てるなぁ・・・と思うのは私だけでしょうか??
明日はまた大風の予報・・・。なんで週末ごとに風が出るのかなぁ〜・・・。
透明度も良いので明日もなんとか潜りたい!です!!



photo by むらさき定食

photo by むらさき定食

photo by マンぶーん
10月24日(水)

天気 はれ  水温 24℃ 透明度10〜15M

外は久々にTシャツでも大丈夫なほど暖かい1日でした。水中はかなりヒンヤリしてきましたが、上がってからがいい天気で、気持ちよかったです・・・。
この
アカオビサンゴアマダイのクロオビバージョンはまだ出てくれてます。ちょっと青みがかったボディは写真に撮らないとわからない、撮ってみてはじめてこのキレイさが伝わる魚ですね〜。
この間から出ていた何気に激レアな
カクレイシモチ。今日はこんな小さい幼魚が出ました。形的にはマンジュウイシモチみたいな形で小さいと本当に可愛い子でしたよ。ガレ場の下から出てきたのですが、どんどん逃げていくので撮っていただくのが大変!でしたね〜。
イシモチ・・・と言えば、こんな小さいステージは初めて見た「
アオスジテンジクダイの幼魚」。大きいのは沢山居ますが、子供はなかなかお目にかかれません。キンセンイシモチに紛れて、なんだか一匹だけ違うのでちょっとおかしかったです。
イシモチやら、テンジクダイやら・・・、アクアスはスズメダイの次はそっちに行きますか??って感じですね・・・。でも柏島はテンジクダイ、イシモチ系もかなりアツイですよ〜!!



photo by 髪のお医者さん

photo by 髪のお医者さん

photo by 髪のお医者さん
10月23日(火)

天気 はれ  水温 24℃ 透明度10〜15M

水温、透明度共に久しぶりに落ちてしまいました・・・。ここのところずっと暖かかったので久々にヒヤッとすると「あ〜・・・冬になるのかなぁ〜・・・」なんてまだ24℃もあるのに思ってしまいます。そろそろドライやボートコートは必需品になってくる季節ですね。
それでも24℃もあれば出るものは出てますね〜。先日見つかったアカオビサンゴアマダイの黒バージョンもまだ居てくれるのですが、昨日は近くに別個体も居ました。かなり離れているけどペアなのかなぁ?という感じです。
このスジクロユリハゼの三階建てもびっくりですが、何気に柏島でもあまり見たことがない「アミメベンケイハゼ」。これ、私もまだ見たことがありませんでした。ベンケイハゼの顔に体の模様が網目模様になってます。パラオのスーパーガイドのぢろーちゃんが見つけてくれたのですが、私とまっちゃんは、おっ〜・・!と大騒ぎしてました。(ゲストの方は??)
最後に居るんだけど、以前より個体数が少なくなった気がする「ズグロダテハゼ」。個体によっては顔があまり黒くないもの・・など様々ですが、この子はまさに「ズグロ」というより「ガングロ」・・・。すっごい立派な個体でしたね〜。
でも、フツウは水中がヒンヤリしてくると、ちょっとツライなぁ〜・・・なんて思うんだろうけど、逆に水温が下がらないと上がってこないベラやハナダイを、今か今かと心待ちにしてニヤニヤしている、かなり変態の私なのでした・・・。



photo by とむやむ君

photo by 戯言

photo by 戯言
10月20日(土)

天気 はれ  水温 24〜26℃ 透明度25〜30M

この土曜日は大荒れの天気になり、柏島のポイントはかなりの大波だったため久しぶりに浅いビーチに行って来ました!いつもは冬のもっと水温が下がってから入ることが多いこのビーチ・・・。こんな暖かい時に入るのは初めてだったのでなんだか見る魚、見る魚新鮮で「明日からもこのビーチでも良いです〜」なんてゲストも居るくらい面白かったです!水温が高い時期だから?それとも今まで意識してみてなかったから??EXIT間際の浅〜いところには「コレ何??」って思えるスズメダイがいっぱい!ミヤコキセン?イチモンスズメ?って思われるスズメダイや、この一番上のなんだかまだわからないスズメダイ(調査中ですがもしかしたらイチモンスズメダイの色の黒い子かも?」なんかが出てきて、もう70分超えてるし上がろうと思うのに、1mくらいの水深から上がれません・・。
あと、南方からの使者??って思われるこんなフエダイなどがいっぱい!写真はオキフエダイですが、ヒメフエダイはすごい群れになっていました。真ん中の写真のムラサメモンガラもフォトジェニックでいいですね〜。
写真は載せてないですが、このビーチ・・・やたらにオオウミウマが居ます。畳一畳くらいの所に3個体??とか居ました。全部くっついてくれたら「キングギドラ?」なのですが・・・えっ??古い??




photo by dorami

photo by dorami

photo by dorami
10月19日(金)

天気 はれ  水温 24〜26℃ 透明度25〜30M

大荒れの予報の明日ですが、このダイヤリーを書いている今、久々に風がビュービュー吹き荒れてます。明日は潜れるんですかね〜・・・。
明日は微妙な天気ですが、今日は本当にすんごいものが2つも出ちゃいました。この2つ・・・実は私、柏島で初めて見たものばかりでした。
まず一番上はなんとなんと柏島で??アカオビサンゴアマダイの登場です!!以前一切小島というポイントで出て以来の登場らしいので、柏島的には初めてではないようですが、私は6年間の柏島生活の中で初めてみました。まだ幼魚で、「アカオビ」・・・というより、まだ「クロオビ」ですよね・・・。
そんなわかりにくい幼魚と対照的に、どっからどうみても、コレの子供でしょ??みたいな「ニシキヤッコの幼魚」。他の地域に行けばいっぱい出るんでしょうが、柏島で見れることが、まさに嬉しい??っというか、「さすが柏島」!”って思います・・・。
それにしてもアツイダイヤリーが続きますね〜。この一番下のキンギョハナダイの幼魚を侮るなかれ??
なんと真っ白抜きでおまけにアクビまでしています。
こんな写真、撮りたいなぁ〜って思います。
明日も潜れたらいいなぁ〜。



photo by dorami

photo by dorami

photo by dorami
10月18日(木)

天気 はれ  水温 24〜26℃ 透明度25〜30M

週末から大荒れの予報なので、ちょっと早めに来て頂いたゲストの方と、今のうちに遠くに行っとけ〜っってことで一番リクエストが多いアサヒハナゴイ、アカボシハナゴイに行って来ました。この周りにはベニハゼのSPがわんさか、ベラファンにたまらないテレラブレスやシラタキベラなどもまだまだ見れますが、このアサヒハナゴイの美しさにはなんど行ってもつかまってしまいますね〜・・・。本当にキレイなハナダイです。。
もちろん浅場に帰ってきたら、1cmもないミナミハコフグの幼魚や最近また幼魚がわいているミヤコキセンスズメダイなどがいっぱい見られます。このミヤコキセンやハクセンスズメなどの浅場のスズメダイたちははかなり浅〜いウネウネのところに居るので、私達はこれを「戦い」と言います。上がってきて、「やっつけた?」・・・ゲスト「撃沈・・・」・・・とか、「やっつけてきたよ〜」とか、まさに戦い挑んだ戦士のような会話になってます。自分が先にやっつけようと思っていたのに、他の人に先に片付けられてしまったことを、・・・「やられた・・・」と言います。・・・よその人が聞いたら、とってもとっても変な会話なのです。
とにかく、みなさ〜ん、・・・まだまだやっつけられてない魚、たくさん居るんではないですか?自分には無理!とか思わずに、頑張ってやっつけに来てくださいね〜!



photo by YUKO

photo by YUKO
10月17日(水)

天気 はれ  水温 24〜26℃ 透明度25〜30M

自分の中で、「最近のお気に入り」を作ることを・・・「MYブーム」って言うのはもう古いことなのでしょうか・・・??うちでもそれぞれにブームがあり、YUKOちゃんの中では何故か「ブダイブーム??」なのでしょうか?今日もこんなキレイなブダイの幼魚を撮ってくれてました。私もこの子を見るのは初めてで、図鑑でチェックすると、完全に南方系の「ニシキブダイ」の幼魚でした。この間のアミメブダイといい、ブダイの幼魚も侮れませんね〜・・。
さてさて、去年は11月よりお目見えした「ホカケハナダイ」久々に出てくれました〜・・・!っといってもいつものように浅いところでなく、ホカケにしては深い水深でしたので、まだ水温が高い証拠なのでしょうか??この子は立派な帆をしてますが、まだハラビレは黒くない「メス→オス」の途中??って感じでしょうか?ホカケと言えば、これから楽しみですよね〜・・・!!
最近まっちゃんがUPしている、「柏島生物図鑑」に載せる写真を大募集している「チャイロヤッコ」・・・。とうとうCHIEちゃんやっつけたかなぁ??よくチョロチョロ見るんだけどなんせ写真に撮れない・・・!なんだかバカにされてるような、はぐらかされているような気分になります。よく頑張って粘って撮りました!!これに引き続き、やれ、トラノコイソハゼだとか、やれヤンセンニシキベラだとか・・・そんなんばっかり「撮れ、撮れ」言って、ごめんね〜。



photo by コミカルブレニー

photo by コミカルブレニー

photo by コミカルブレニー
10月16日(火)

天気 はれ  水温 24〜26℃ 透明度25〜30M

あいかわらずずっと良い透明度、水温が続いてます。まだペラペラのスーツで頑張れるくらいの暖かさ・・・。もちろんハゼもこんな感じでバンバン飛んでます。
真ん中のヒレナガネジンリンボウとネジリンボウのペア・・・。ネジリンボウはヒレの特徴からオス、メスの区別がつき易く、この写真のネジリンボウはオスであることがわかります。ただ、ヒレナガネジリンボウは特徴などからでは判断が難しく、この個体はこれがペアだとするとメス??ということくらいしかわかりませんでした。
「オスが先にひっこむ」説をとると、・・・なるほど、やっぱりこの時はネジリンボウの方が先に巣穴に入りました。やっぱりこのヒレナガネジリンはメスである可能性が高い・・・。ちょっとヒレが短い?お腹が大きい??どこか違いがあると思うので、ヒレナガネジリンボウ同士のペアでもこんど確認してみたいと思います。
この一番下のワイド写真・・・。こういう写真を見ていると無条件に海に入りたくなりますよね〜。そうです。今はずっとこんな海が続いてますよ〜。気持ち良さそうでしょう??!!
そんな感じでまだまだハゼの砂地もええ感じです〜。この状態は11月中旬くらいまでは続きますが、ヤシャハゼ、ヒレナガなどの南方系のハゼたちは数が減ってきますよ〜。
今が最終チャンス??かなぁ〜??



photo by こーすけ

photo by こーすけ

photo by かじゅ
10月14日(日)

天気 はれ  水温 24〜26℃ 透明度25〜30M

今回の初登場!というか肉眼では確認出来ていたのですがいままでなかなか写真に撮っていただけることができなかった「イエローボクサーシュリンプ」!やっと写真に撮っていただけることができました。柏島で初?どうかはわかりませんが、私はパラオ以来二回目のご対面です。この子、なんとウツボをクリーニングしていて(この横に映っている影はウツボです)いつのウツボの影になってなかなか姿を見せてくれません・・・。柏島・・・恐るべし!です。
恐るべし?と言えば、この真ん中写真も恐るべしです。イレズミハゼ属一種の1・・・ただでさえ岩の奥のほうにいるのにイシモチに狙われて一瞬向きを変えてホバリングする瞬間を激写!それも真横ヒレ全開!!すごいですね〜・・・。でもでもこのハゼ・・・実はイレズミハゼ属1−1とも違う可能性が・・・??ただでさえ貴重なハゼなのにさらに違うかも??ってビックリです。また調査して報告いたします。
一番下の魚は、この時は岩に落ち着いてしまって色が変わっていますが、泳いで動いている時はすごいきれいな色を放つ、「スジアラの幼魚」でしょうか?まるでオシャレハナダイかと思うばかりの動き方をしてくれて、なかなか写真に撮っていただけませんでしたが、本当にキレイな魚ですね〜・・・。
そんなこんなで色んな出会いがありましたが、そろそろ釣りのシーズン!ということもあって今週は入れないポイントもあったり・・・。秋冬シーズンの到来ですね〜。海の中も、また違ったものが出てきそうで、違う意味でワクワクです。



photo by かじゅ

photo by chizukat

photo by michiki
10月13日(土)

天気 はれ  水温 24〜26℃ 透明度10〜15M

今年の10月は台風もまるで来ずに・・・今日も穏やかな週末となりました。今日はHPやブログでご自分の写真などを紹介されている方々の大集合!おまけにパラオでガイドしているガイド陣まで大集合!ってことで大賑わいのアクアスとなりました。
この一番上のコバンハゼは「コバンハゼSP−5」で顔に模様が入り、体に線があることが特徴なのですが、「えっ?真正面?」本当にいつもかじゅさんの写真にはびっくりさせられます。この下膨れ顔・・なんだか他の魚みたいですよね。
ヨツメトラギスはトラギスの中ではあえて紹介してしまうトラギスです。上から見ると目が四つあるようにみえるので「ヨツメトラギス」。トラギスではこの魚ですが、私の中でヒメジでは「インドヒメジ」・・・。これ、ガイドしちゃいます・・・。あの茶色と黄色のコントラスト・・・なんともいえません。
この一番下の昔ニシキオオメワラスボ。これも思わず紹介してしまう魚の一つなのですが、撮ろうとするとどんどんどんどん一定距離を保って逃げていくのでなかなか撮れない魚なんですよね〜。同属のダイダイオオメワラスボと違って黒い点が胸鰭と尾びれの部分に2つ入ります。・・・そう思えば、ダイヤリーにこの魚を載せたのって初めてのような気がします。次はダイダイオオメワラスボも撮って並べてUPしたいなぁと思います。
明日はトップシーズンの貴重な週末の日曜日です。何が出るかなぁ??楽しみですね〜!!





photo by KAZU

photo by  ゴマモンガラ

10月12日(金)

天気 はれ  水温 24〜26℃ 透明度10〜15M

透明度抜群!の海が続いていますが、外気温は少しヒンヤリしてきましたね・・・。これから来られる方は、上がってからの寒さ対策を万全にしてきてください〜。
外は寒いけど中はまさに生物天国です。
ケラマハナダイもこんなにキレイにヒレ全開!開いてないヒレはない・・・ていうくらいキレイですね〜。ハナダイもアカオビハナダイ、アサヒハナゴイ、カシワにフタイロに・・・と色々婚姻色もあちらこちら出していてアツイです!
それから真ん中の写真のベラですが、最近アツイ!!ベラです。八丈などでも出てますが「シラタキベラ」でこの真ん中に輝く黄色と黒いオビが特徴です!それでこのベラの面白い習性はヤマシロベラに混じっているということです。なんで混じってるか??というとシラタキベラのメスはしたのベラなのですが、その下の写真とヤマシロベラのメスは黒い点があるかないか・・・が違うだけなのです。このオスはほとんどがヤマシロベラの雌の近くにいるのですが、本当のメスを探すのに一苦労・・・。これだけ一緒にいるのにちゃんとヤマシロベラのオスは近くに居て、メスの取り合いをしているようです・・・。
そんな面白いシーンを最近はよく撮りに行くのですが、水深もそこそこ浅くて、その場所にはスミツキオグロベラたちやクジャクベラも沢山いて、ベラファンにはたまらな〜い場所ですよ。ベラファンの方、是非リクエストしてくださいね!
ではでは、今週末も濃い〜メンバーが大集合!もちろん海も濃〜いことになりますように!



photo by  ゴマモンガラ

photo by YUKO

photo by  ゴマモンガラ
10月11日(木)

天気 はれ  水温 24〜26℃ 透明度25〜30M

今日は少〜し波が出てきましたが、透明度はあいかわらずエエ感じです。私は1日丘番だったのですが、お買い物から帰ってきてみんなの画像を見てたら、「う〜・・・海に行きたい〜・・・」って思ってしまいました。なんとなんと、私のまだ見たことのない、すごい見たかった生物が2種・・・出てたんですよ!!
一番上は「アイスズメ」。これ、一度出て探してたんだけどなかなか出会えず・・・。前回にゲストの方が撮ったアイスズメより少し大きな個体だそうですが、是非是非会いたい(って言うスズメダイファンがいっぱいいそうな)スズメダイです。
そして真ん中の写真は・・・「アミメブダイ」。図鑑で見て柏島にも出てる・・って言うことで見たかったのですが、やっぱりこの模様キレイですね〜。「えっ〜、ブダイ??」っと侮るなかれ・・・。出会えたら撮ってみて下さい。さてさて、一番下の写真は・・・柏島でしか出てない・・・といわれている、レア中のレアもの「イレズミハゼ属の一種の1」です。これ、いつもはサンゴの裏をめくって・・・とかなのでずっと見られるものではないのですが、今回のはちゃんと穴の中で居てくれるので、このままずっと居てくれたらちゃんとみなさんに紹介出来るかも??です!ただ、かなり臆病でひっこむのは早いですが、本当に可愛いハゼですね〜。
明日からは海外で活躍する名ガイドの方々ががアクアスに大集合してくれる週です。あのパラオのぢろーちゃんも帰ってきますよ〜!また色々見つかるハズ・・・。ダイヤリーから目が離せなくなりそうですよ〜・・・!!



photo by YUKO

photo by ポリンキー

photo by YUKO
10月9日(火)

天気 はれ  水温 24〜26℃ 透明度25〜30M

波が少しあるものの透明度最高〜!3年ぶりのダイビングのゲストの方も最高の水中を見てもらえることが出きました!
圧巻なのは、さすが釣りのシーズン到来!ってことでとんでもない数のグレ(メジナ)が!ちょうどワイドのカメラの方も居たので、もう水中写真は拡大して見なければ、ここはパラオのマダラタルミの群れ??なんて思うほど・・・。でもその手前にミギマキ・・なんて写ってたりすると、「ああ、やっぱり高知の海だ」・・・ってことになります・・・。そこでガッカリするのも間違っているんですけどね・・・。
さてさて、そんな私はワイド&久々のダイビングのガイドだったのですが、YUKOちゃんはマニアックなものを発見してくれましたよ〜。一番上の写真は「稀種中の稀種」だという、「カクレイシモチ」です。普段は穴の中に居てめったに姿をあらわさないそう・・・。昼間の透明度抜群の時に、ばっちり全身姿を見せてくれました!図鑑を見ても生態写真が載ってないほどの貴重な写真です!
真ん中は、何の幼魚かわかります??そうそう、巷では隠れファンが多い??そうです、「イラっ子」です。こうやってトサカをバックに撮るとなんだか絵になりますよね??
さてさて、よくわからないのがこの黄色い魚・・・。ハナダイなどの中に混じっているのですが、ハナダイなどではなく、この尻尾のヒレの黒い点の入り方からいうとたぶんユメイロなどの子供ではないかと思います。でも図鑑などで該当するステージのものがないので、また鑑定に出してみたいと思ってます。ではでは、またダイヤリーにてUPしますね!



photo by ガンモ

photo by ポリンキー

photo by nob
10月8日(月)

天気 はれ  水温 24〜26℃ 透明度25〜30M

この連休に出てくるなんて、憎い・・・!なんと黄色いボロカサゴ(まだ少し幼魚)の登場!一ヶ月前に見た子とは違う個体?それとも成長したのかな?前回の子はうっすらピンクの模様が入ってましたが、大きくなると色が変わるのでしょうか??
しばらく居ついてくれると良いんだけど・・・。
黄色い・・・と言えば、このシャープアイ、黄色が濃いですね〜。柏島のシャープアイはパラオなどで見る個体に比べて黄色がはっきりしているような気がします・・・。
本人曰く、「白く飛んじゃった・・・」って言うのですがこれは狙って白抜きにした・・・かのように美しい写真ですよね。
一個体出たら、どんどんまとめて出てくるのがクマド